[ドラマ] SUPER JUNIORシウォン『ドラマの帝王』撮影のない日も撮影現場訪問、なぜ?

SBS月火ドラマ『信義(原題)』の後に放送予定の『ドラマの帝王(原題)』でトップ俳優カン・ヒョンミン役を演じるSUPER JUNIORのシウォンが、撮影のない日にもかかわらず撮影に入ったスタッフとチョン・リョウォン(イ・コウン役)を応援しに、ケーキと飲み物などおやつを持って撮影現場を突然訪問した。


シウォンの応援にチョン・リョウォンは「本当に礼儀正しくて良い後輩」と突然の訪問を喜んだ。またスタッフは「これから家族より多くの時間を過ごすことになる俳優が、格好がいいうえに心まで暖かいので今後4ヶ月間幸せだろう」と話した。

シウォンは劇中、国宝級の容貌を持ち、知的で優秀なイメージから大衆の愛を一身に受けている韓国のトップスターカン・ヒョンミン役を演じる。カン・ヒョンミンは表向きはマナーが良く洗練されているため大衆を圧倒するが、裏では何かを深く考えることが心の底から嫌いで、すぐ恋に落ちては別れるという性格の持ち主だ。

『ドラマの帝王』はキム・ミョンミン、チョン・リョウォン、シウォンなどトップ俳優が出演し、さらにはドラマ『サイン』などを演出したチャン・ハンジュン監督が脚本を、『美男子ですね』、『笑ってお母さん』などを演出したホン・ソンチャンPDが監督を引き受け関心を集めている作品だ。ドラマは無条件お金にならなければいけないというベテラン外注製作社代表と、ドラマは人の愛だと叫ぶ新人作家、そして妥協というものを知らない韓国のトップスター俳優が出会い繰り広げられるドラマ製作記だ。キャラクターコメディとして描かれる『ドラマの帝王』は11月放送予定。

写真=SBS

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 21日 18:32