[ドラマ] 綴り方表記論議KBS『優しい男』結局19日から変更

KBS2水木ドラマ『優しい男』のタイトルが正しい綴りに変更された。

KBS側は18日午前、報道資料を通じて『世界のどこにもいない優しい男(原題)』のタイトルが正しい綴り方に変更されたことをお知らせします」と明らかにした。

KBSは「誤った綴り方で表記し放送した事は制作陣の創作精神を尊重しようとする努力の一環だったということを、もう一度お伝えしようとした」「制作陣は変わらず創作物の固有性と創作精神は保護されなければならない、尊重されなければならないという意見には変わりがないが慎重に考えた末、芸術創作精神の自由の前に、視聴者たちの気持ちを考慮し、国民の正しい国語使用が公営放送の1次的責務だとの結論の元に変更することになった」とコメントした。

KBSは19日『優しい男』第3話放送分からは正しい綴り方のタイトルに変更し放送する。この放送から字幕告知した後、ホームページおよび関連する全ての文言を正しいものに変更する予定だ。

『優しい男』制作陣はハングル関連団体から「間違った綴り方で混乱を引き起こすことがある」と抗議文を受け取った。また国立国語院も5日、『優しい男』は綴り方を破った表記だと改善を要求する勧告文をKBSに伝達している。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 18日 18:54