[K-POP] SHINee 台湾コンサートで1万8,000人を魅了

グループのSHINee(シャイニー)が台湾コンサートを通じて現地ファンの心をがっちりつかんだ。

SHINeeは15日と16日の2日間、台湾の台北アリーナで2回目の単独コンサート『SHINee CONCERT-SHINee WORLDⅡ』を開催した。今回のコンサートでは約1万8,000人の観客が集まり、SHINeeの代表的な応援道具であるアクアグリーンの蛍光ライトを揺らしながら熱狂した。

SHINeeが代表曲『LOVE Like Oxygen』『Ring Ding Dong』『sherlock』などを歌うと、ファンは悲鳴のような歓声を上げた。続いて個別ステージを通じて公演会場の熱気を高めた。テミンは『Get Up』のステージで強烈なカリスマを爆発させ、オンユは『I Won’t Give Up』と『熱いさよなら』をミックスした曲で、ミュージカルのワンシーンのようなステージを演出した。ジョンヒョンが切ない歌声で熱唱した『ヘヤ』とミンホのパワフルなダンスが印象的な『Turn Up The Music』でファンは歓呼した。キーによるレディー・ガガのパフォーマンスも興味をそそった。

SHINeeは見所満載のステージでファンの視線を釘付けにした。大型LEDスクリーンや移動ステージ、ワイヤーなど舞台装置を利用して、レーザーショーや噴水ショーなど華やかなステージ演出でファンを楽しませた。

一方、台湾コンサートを成功させたSHINeeは22日、インドネシアのジャカルタGBK(Gelora Bung Karno)スタジアムで開催される『SMTOWN LIVE WORLD TOUR Ⅲ in JAKARTA』コンサートに登場する予定だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 18日 10:23