[芸能] キム・ハヌル『友達が1人もいない』

キム・ハヌルの“芸能界のけ者説”は事実だった。

キム・ハヌルは17日に放送されるSBS(ソウル放送)トーク番組『ヒーリングキャンプ』に出演し、「芸能人の友達が1人もいない」という衝撃発言で周囲の人を驚かせた。

キム・ハヌルは「芸能界だけでなく学生時代もずっとのけ者にされた」と述べ、幼い頃の胸の痛みを打ち明けた。続いて「29歳で仕事と恋愛が同時に崩れた。みんなが自分から離れていった」とし「29歳当時、女優としても最も厳しい時期だったが、女性としてもつらい時期だった」と語った。

また当時の恋愛と失恋後の1年間、誰とも連絡を取らずに潜伏した。放送は17日午後11時15分。  

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 17日 13:48