[芸能] 『キム・テヒだけ結婚できる?』広告契約条件に注目

キム・テヒ(32)は結婚してもかまわない?

トップスター、キム・テヒだけ広告契約時の結婚不可条項がないと確認された。

多数のトップスター女優をモデルに起用している衣類ブランド信元(シンウォン)の『ISABEY de PARIS』のモデルとして活躍中のキム・テヒは他の女優らとは違い唯一、恋愛や結婚に対する制裁を受けないとわかった。

普通、専属モデル契約の際に製品のイメージ失墜を懸念して、スキャンダルや社会的物議に対する責任や賠償条項を明示するものだがキム・テヒだけ『例外』ということだ。

信元の他の女性服ブランドの顔として活躍しているイ・ミンジョン(30)、ムン・チェウォン(26)、ハン・ヒョジュ(25)は全て契約書に公開恋愛や結婚に対する損害賠償条項があるとわかった。

このような『差別』契約はキム・テヒがモデルとして活躍するブランドのターゲット年齢層が違うため。

昨年11月に初めて登場した『ISABEY de PARIS』は洗練されながらも高級なイメージを基に30~40代女心を攻略するブランドだ。 クラシックな高級感とカジュアルを適切にミックスマッチ、50代以上でも着られる多様な商品をリリースして市場で良い反応を得ている。

業界関係者は「ブランドの特性上、キム・テヒのプライベートのせいで主消費層が離脱する可能性は少ない」として「もともと高級で優雅な雰囲気を前面に出しているので、逆に専属モデルが結婚をすればより良いイメージを創り出すこともできる」と明かした。

また他の関係者は「イ・ミンジョン、ムン・チェウォン、ハン・ヒョジュは全て20、30代をターゲットとするブランドのモデル。このようなタイプのモデルはプライベートがブランドイメージに影響を及ぼしかねないが、キム・テヒの場合は違う。ブランド内で一番の年長者というだけでなく、追求するイメージが違うためこのような例外条項ができたのだろう」と伝えた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 14日 14:59