[ドラマ] チャン・ヒジン KBS2新週末ドラマ『私の娘ソヨン』に弁護士役で出演

チャン・ヒジンの所属事務所によると15日午後初放送される『私の娘ソヨン(原題)』で、国際ローファームの弁護士チョン・ソンウ役でお茶の間にお目見えする。


チョン・ソンウは法曹界家系出身の弁護士で勝負欲が強いが、余裕がありさっぱりとした性格の持ち主だ。イ・サンユン(カン・ウジェ役)の元恋人としてイ・ボヨン(イ・ソヨン役)と対立し、三角関係を作り出す見通しだ。

これと関連しチョン・ヒジンは「今回の作品で演じるチョン・ソンウのキャラクターを通して、堂々とした魅力的な専門職の女性の姿をお見せできると思うので期待してください」「素晴らしい俳優たちと共演出来てとても嬉しく、一生懸命撮影しますのでこれからも沢山の関心と応援をお願いします」と話した。

『私の娘ソヨン』は無能でどうしようもない父親の娘として生まれた不幸のために、親子の縁を自ら絶った娘と、そんな娘でも包みこむ父の話を描いた。

KBS2『ブレイン』『ドラゴン桜』など演出したユ・ヒョンギPDとSBSドラマ『華麗なる遺産』『49日』『検事プリンセス』などを執筆したソ・ヒョンギョン作家の作品で、パク・ヘジン、イ・ボヨン、イ・サンユン、パク・ジョンアらが出演する。

写真=キム・ビョングァン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 14日 14:35