[ドラマ] 『Dr.JIN』28日台湾で初放送『屋根部屋の皇太子』人気を繋げるか?

韓流スターソン・スンホン、キム・ジェジュン主演のドラマ、『Dr.JIN(原題)』が台湾のお茶の間に登場する。

台湾GTVは公式ホームページを通じて28日午後10時『Dr.JIN』が初放送されると明かした。6月、MBCは『上海TVフェスティバル』で自社ドラマの輸出を伝え、『Dr.JIN』がタイと台湾に販売されたと明かしていた。タイの前に台湾のお茶の間で『Dr.JIN』に出会うことになった。

すでにアジア圏で相当なファン層を確保しているJYJのキム・ジェジュンと俳優ソン・スンホンの主演作であるだけに、現地ファンたちは放映前から熱い反応を見せている。

以前、台湾GTVではJYJメンバーパク・ユチョンの主演作『屋根部屋の皇太子』が放送された。初放送当時2011年~2012年韓国ドラマ中、最高の視聴率である1.46%を記録し話題を集めた。『Dr.JIN』が『屋根部屋の皇太子』の人気を繋いで行くことが出来るかにも関心が集まっている。

ドラマ『Dr.JIN』は2012年韓国最高の医師ジン・ヒョク(ソン・スンホン役)が時空間を超越し、1860年代朝鮮時代に遡り医師として孤軍奮闘することになる内容を描いた医学ドラマで、5月26日初放送以来、8月12日まで22部作で放送された。

写真=台湾GTV公式ホームページ


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 13日 13:46