[芸能] ③ “新興富豪”若者韓流スターの財テクを徹底解剖 キム・ジェジュン編

▶キム・ジェジュン(27)

総額:30億ウォン(2億800万円)台

位置及び情報:ソウル江南区三成洞(カンナムグ・サムソンドン)Bビラ(連立住宅)ペントハウス

著名な隣人芸能人:イ・ヒョリ、イ・スンギら

JYJのメンバーのキム・ジェジュンは、隠れた財テクの名手だ。

昨年6月、三成洞のBビラ周辺に地下鉄が通るとの情報を聞いて購入を決めたほど、優れた財テク感覚の持ち主をして知られている。個人財産専門家も置いて専門的に財テクをしており、JYJのワールドツアーなどで得た収益を活用して効果的な財テクをしているところだ。JYJのほかのメンバー、パク・ユチョンやキム・ジュンスの勧めで清潭洞(チョンダムドン)付近のある日本料理店にも投資をしており、毎月収益を上げている。

ある資産管理専門家は「K-POPブームの影響で20代スターの海外進出が活発になり、収益が飛びぬけて多いスターが目に付く。特に最近では若いスターも経済に関心を持って財テクを試る流れがある」とし、「建物や株など、さまざまな分野に投資するスターが多い」と述べた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 12日 15:47