[芸能] KARAハラ "砂時計"屈曲ボディーライン

KARA(カラ)のハラが単に細いだけではない“砂時計”ラインの後ろ姿を誇った。10日、あるポータルサイト掲示板には「ハラの後ろ姿」というコメントとともに写真が公開された。

写真のハラはくびれた腰が見えるジャケットを着て舞台の上に立っている。後ろから見ると、砂時計のようにくびれたの腰のラインが目を引く。

ハラは最近、SBS(ソウル放送)トーク番組『強心臓』に出演し、「太らない体質はいいが、私は体型が小さい。それで『小学生の体』いうタイトルを持っている」とし「腰、お尻、太ももに筋肉をつける運動をして、成熟した体型をつくるのに成功した」と語った。

KARAは新曲『PANDORA』で地上波ランキング番組1位になっている。
 

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 11日 16:34