[芸能] 『男の資格』出演・故チェ・ジンシルの子供達の天国に送る歌に「感動」

故チェ・ジンシルの子であるファニ君とジュニちゃんが母に向けて天国に歌を送った。

9日に放送されたKBS2『ハッピーサンデー<男の資格>(以下男の資格)』では、放送前から話題となっていた、故チェ・ジンシルの子供達であるファニ君とジュニちゃんが“ファミリー合唱団”のオーディションに参加する姿が電波に乗った。


この日、妹のジュニちゃんの手をぎゅっと握ってステージに上がったファニは、「僕達は歌を歌いたくて出てきました」と志願動機を話した。また、「僕の夢は芸能人で、ジュニは歌手になるのが夢です。合唱をして団結心を学び歌を歌えば、芸能人になる可能性が高くなり、社交性も良くなるので志願した」と付け加えた。緊張した姿の二人だったが、MC達の質問にしっかりと答え、母に関する質問にも涙よりは明るく逞しい姿で答えた。

この後、母親が子守唄で歌ってくれたという『ソムチプアギ(島の家の赤ちゃん)』を熱唱したファニ君は、「昔、母が僕を寝かしつける時にこの歌だけを歌ってくれた。母がこの童謡だけ一番記憶に残ると話していたが、ずっと覚えている。(歌を歌う時)母を思い出すことができて嬉しい」と話した。

この後ジュニちゃんは、『ハヌルナラドンファ(天国の童話)』をソロで歌い、母の誕生日を記念して『クリスマスには祝福を』をファニ君と共に歌い感動を与えた。

最後にファニ君は天国にいる母親に向かい、「僕にこんなに良い遺伝子と優れたビジュアルをくれてありがとう。天国でも幸せに。体には気をつけてください」と話し、ジュニちゃんも「私を産んで愛してくれてありがとう。それと可愛い顔と声をくれてありがとう。天国でも幸せに過ごして私達を見守ってください」と天国へ手紙を送った。

写真=KBS2

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 12日 14:04