[芸能] “グンちゃん”列車が登場!…デビュー20周年記念広告が車内埋める

“グンちゃん”ことチャン・グンソクの列車が登場する。

“チャン・グンソク”列車は、彼の公式ファンクラブ『Cri-J(クリジェイ)』の会員らが子役時代から数えてデビュー20周年を祝賀記念するために企画した大々的なイベントだ。今月9日からソウル地下鉄5号線の車両1台、8両で構成されたすべての広告版にチャン・グンソクのデビュー20周年記念広告が飾られた。

サイズ別に4種類258枚の広告で埋め尽くされた“チャン・グンソク”列車には、多くの人々にチャン・グンソクのデビュー20周年を知らせようというファンの真心が込められており、10月10日までの約1カ月間、ソウルの都心をほぼカバーする予定だ。特に、このイベントはチャン・グンソクの誕生日である9月26日をはさんだ期間に行われることから、並ならぬ意味深さが伺える。

車両内部に飾られた広告には、「いつでも彼の夢を応援する」というファンの熱い気持ちと2011年11月に行われたアジアツアーの日本東京ドーム公演でチャン・グンソクが自ら朗読し、観客に感動を与えた宣言文の抜粋の一部が飾られている。いつの間にか20周年という長い時間を歩いてきた25歳の青年、チャン・グンソクが伝える真摯な心がそのまま表れていて目を引いている。

チャン・グンソクのデビュー20周年記念する地下鉄広告のニュースに、ソウル都市鉄道公社にはこの列車の運行時刻表を確認しようとファンや一般の人々の問い合わせが相次いでいるという。実際、この列車に乗った人々の認証ショットがネット上に次々と登場して話題になっている。

また、チャン・グンソクのファンは大々的な地下鉄広告以外にも、このデビュー20周年を意味の深いものとして記念しながら、静粛なファン文化を見せている。今月8日、チャン・グンソクから受け取った愛を一緒に分かち合おうと、ファンが『チャン・グンソクのデビュー20周年記念支援ボランティア団』を結成し、ボランティア活動を通じて20周年を記念し、一回性ではなく継続したボランティア活動を行っていく予定だ。

一方、チャン・グンソクはその真価を見せるコンサートブランドとして定番となった『2012 JANG KEUN SUK ASIA TOUR THE CRI SHOW 2(チャン・グンソク アジアツアー[ザ・クリショウ2])』の台湾公演を成功させ、続く今月14日と15日には大阪公演、19日と20日には名古屋公演を開催する予定だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 10日 18:10