[芸能] “韓流プリンス”パク・ユチョン、中国深センでファンミ

“韓流プリンス”パク・ユチョンが中国・深センを盛り上げた。

パク・ユチョンは8日、深センで『2012 パク・ユチョン・アジアツアーファンミーティング in 深セン』を開催し、ファンと楽しい時間を過ごした。

MBC(文化放送)ドラマ『ミス・リプリー』の曲『君のための空席』で舞台を始めた後、ファンと近況トーク・名場面の再演など、さまざまなゲームを一緒にしながら、ファンと生涯忘れられない時間を過ごした。

所属事務所CJeSエンターテインメントによると、今回のファンミーティングはファンと一緒にするゲームを中心に進行し、いつよりもファンの満足度が高かったという。ゲームの優勝者にはパク・ユチョンがプレゼントを渡し、記念写真を撮影する時間もあった。

パク・ユチョンは「上海に続いて深センまで来てファンミーティングをすることになって非常にうれしく思う。今日の楽しい時間を感謝している。このようにファンの前に立てば気持ちが楽になるようだ」と所感を語った。

ファンは手に届くほど近くにいるパク・ユチョンに爆発的な反応を見せた。パク・ユチョンの歌をすべて一緒に歌い、「パク・ユチョン、サランヘ(愛してる)」「ユチョンオッパ(兄さん)ファイト」などと韓国語で応援を続けた。ファンミーティングが終わってもファンは席を立とうとせず、パク・ユチョンの名前を呼びながら涙を流した。

中国人ファンのシェリさん(26)はファンミーティングが始まる前、「パ ク・ユチョンは私にとって神のような存在。深センで実際に会えるというのが信じられない。会場に入るまでは信じられないだろう」と語った。

リンニンさん(23)は「『屋根部屋の皇太子』でパク・ユチョンが見せた姿は忘れられない。私は今日、2012年最高の楽しい日を過ごすだろう。体が震える」と話した。

パク・ユチョンのアジアツアーファンミーティングはタイで続く。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 10日 14:34