[芸能] チャ・スンウォン、草なぎ剛と同じ演劇舞台に…韓流ブームが再稼動?

俳優のチャ・スンウォンがブラウン管とスクリーンを飛び出し、演劇の舞台に立つ。

チャ・スンウォンは、韓国でも演劇『焼肉ドラゴン』で有名な鄭義信(チョン・ウィシン)監督の作品『僕に炎の戦車を』の舞台に立つ。

チャ・スンウォンは難しい状況にも男寺党ノリ(注)文化を守り、韓国文化と白磁を愛する日本人の柳原直輝(草なぎ剛)と国境と身分を越えた友情を育む加熱のイ・スンウ役を演じる。2人のほかにも広末涼子や香川照之、キム・ウンスらが出演する。

『僕に炎の戦車を』は、今から100年前の京城を背景にした作品。歴史の渦にに飲み込まれていく人々の運命と国境や身分を越えて韓国芸術文化のために命を懸けて闘う男の友情と愛情を描く。

韓国では国立劇場で来年初めに上演される。

注:主に男性で構成された旅大道芸集団による農楽の一種。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 07日 18:56