[K-POP] T-ARA いよいよ始動! 音楽番組の非公開事前収録でカムバック

『ファヨン脱退事件』以後、グループの活動を暫定的に中断していたガールズグループのT-ARA(ティアラ)が非公開収録でカムバックステージに立った。
T-ARAは6日午後、Mnet『MCountdown』を通じて新曲『SEXY LOVE』の初放送舞台に登場する予定だ。だが午後6時からの生放送ステージには姿を現さず、事前収録をカムバックステージに替えた。この日午前、制作陣は「T-ARAは午前の早いうちから事前収録に臨んだ。マスコミ関係者の取材は不可能だ」と伝えた。 
ファヨン事件後、T-ARAが38日ぶりに立つ初放送ステージを"事前収録"に替えるところをみると、これを知らないアンチファンの"団体行動"を意識したのではないかという推測も頭をもたげる。これについてT-ARA側は「もともとカムバックステージは事前収録する場合が多い。また事前収録をした後、他のスケジュールがあれば生放送ステージには上がれない場合も多い」とし「故意に生放送ステージに立たなかったのでは全くない。むしろ事前収録をしてまた生放送に備えるほうが変な話だ」と説明した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 06日 15:44