[芸能] KARAハラ「下肢静脈瘤を患っているのでむくみがひどい」

KARA(カラ)のハラが 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)を患っていると告白し、ファンを悲しませた。KARAは5日に放送されたSBS(ソウル放送)の芸能番組『一夜のTV芸能』に出演し、お互いに気になっている点を尋ねた。ハラは「今回のアルバムのセクシーコンセプトのために運動をたくさんした」とし、「ボディーケアのための運動方法をやってみてほしい」とのリクエストに、カエルジャンプ運動法を紹介した。足を肩幅に広げ、カエルの姿勢を取ってからジャンプを繰り返す運動法で、ハラが自ら実演してみせた。続いて「治療したいところはどこか」という質問には「多い。そのうち一つを挙げるなら、片方の足のむくみがひどい。下肢静脈瘤がある」とし「歩いている途中で、筋肉を和らげるために片方の足で蹴る癖がついた」と明かした。下肢静脈瘤は足の静脈がふくらみ、表面の皮膚に太いこぶのようなもの現れる疾患。写真=SBSキャプチャー

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版, All Rights Reserved. 2012年 09月 06日 15:40