[芸能] 『SUPER STAR K 4』最高視聴率9.6%記録し、2週連続同時間帯1位

対国民オーディションMnet Korea『SUPER STAR K 4』が最高視聴率9.6%を記録し、2週連続同時間1位を記録した。31日夜11時放送の『SUPER STAR K 4』3話は平均8.3%、最高9.6%の視聴率(AGBニールセンメディアリサーチ)を記録した。一番高い視聴率を記録した瞬間は、野球選手イ・デホの従弟であるイ・ビョンホが歌った時だった。特にこの日の放送では、10代から70代まで多様な年代の志望者が大挙出演し、世代に合った感動と興味を抱かせた。この日登場した中で一番若い志望者は、普段スティービー・ワンダーを好きだと言う15歳ナ・チャンヨン君。Jackson5の『Who's Loving You』を彼の感性が滲みだす歌唱力に素晴らしいピアノ演奏まで披露し、審査員満場一致で合格をもらった。審査員イ・スンチョルは「昨年ソン・イェリンの歌を聞いた時のように才能が素晴らしい」と絶賛し、PSYは「我が国は音楽の国だ。どうしたらこんなにいい人材が後を絶たないのか」と舌を巻いた。済州(チェジュ)から来た17歳イ・ギョンビン君も人目を引いた。イ・スンチョル審査員は『Live High』を披露した彼に「神様から小さい目の代わりに素晴らしい声をもらったな」と称賛し、ユン・ゴンもやはり「100%合格」と叫んだ。合格するかどうかを離れ、一番大きな感動を与えた参加者は他にいた。自閉症を患っている息子に勇気を与えるため参加した、50代のウン・ジョンヨプさんは父の愛を歌で表現し、心に染みる感動を見せた。太く、深い声色で熱唱する彼の姿にイ・ハヌルは目頭を押さえ、イ・スンチョルは「歌と言うのは歌う人の気持ちが伝われば最高にいいもの」と珍しく志望者と抱き合った。ペク・ジヨンも「この競争に参加しないで。息子さんと家族のためにいつもたくさん歌ってください」と心を込めたコメントで感動を加えた。彼はスーパーウィーク進出に失敗したが、審査員たちが「息子さんとカップルTシャツとして着てください」と合格Tシャツをプレゼントし、ほのぼのとしたシーンを演出した。この日の最高齢は79歳ソ・チャンモおじいさんだった。ソテジワ アイドゥルの『come back home』と『幻想の中の君』を渾身の力で歌った。結果は不合格。しかし、80歳に近い挑戦者の音楽に対する情熱に審査員全員が拍手を送った。期待を集めたジョエンは惜しくも脱落した。また『SUPER STAR K 1』に続き今シーズン再挑戦したソン・ボムジュンは『キム・スヒョン似』という愛称をもらい、スーパーウィーク進出を確定した。話題を集めたR&Bグループ、ソウルライズもスーパーウィーク進出に成功した。写真提供=Mnet『SUPER STAR K 4』

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 09月 03日 17:58