[芸能] ZE:Aグァンヒ「ヒョンシクの練習生時の貯金は1,600万ウォン」と暴露

俳優としても活躍中のZE:Aグァンヒがメンバーのヒョンシクの練習生時代の貯金金額を暴露した。

28日の夜に放送されたSBSバラエティ番組『強心臓』でグァンヒは、「前回『強心臓』に出演した時、ZE:Aのメンバーの中でシワンが成功すると予言したが、シワンが『太陽を抱いた月』で大人気になった」と、ZE:Aのメンバーでシワンの後を継ぐライジングスターのヒョンシクを『強心臓』に招待した。



グァンヒは「ヒョンシクは優れたルックスと歌唱力を持っている」と紹介し、「練習生時代に途中で加わったヒョンシクが落下傘(親の七光りや、バックがついていること)という噂があって、初めはすごく憎たらしかった」と告白した。

また、「ある日メンバー達がヒョンシクにご飯を奢ってと言って、ヒョンシクがチェックカードでお金を引き出すのを後ろから見ていたが、良く見たら残額が1,600万ウォンだった。その後からヒョンシクがすごく愛らしく見えた」と冗談を言った。

これに対し、ヒョンシクは「小さい頃からもらったお小遣いやお年玉を母親が管理してくれて、20歳の時にくれたものだったが、受け取ってみるとすごい金額が入っていた。今は全て積み立てしている」と説明した。

また、「父親がBMWコリアの理事であることに間違いないが、財力家とはいえない」と財閥説を否定した。

ZE:Aはニューシングル『PHOENIX』をリリースし、本格的な活動を控えている。


写真 = SBS『強心臓』 放送画面キャプチャー

©enews24 2012年 08月 29日 16:27