[ドラマ] 『ウララ夫婦』シン・ヒョンジュン、キム・ジョンウン 初顔合わせから笑いの渦

『ウララ夫婦』になって出会ったシン・ヒョンジュンとキム・ジョンウンが初対面で笑いを爆発させた。
27日KBS新月火ドラマ『ウララ夫婦(原題)』(脚本チェ・スンシク、演出イ・ジョンソプ)の初台本読み合わせ現場で顔を合わせたシン・ヒョンジュンとキム・ジョンウンは初めて挨拶を交わした瞬間から笑いが途切れず、これからの呼吸に期待感を高めた。この日、台本読み合わせの席には、シン・ヒョンジュンと女性主人公キム・ジョンウンを始め、ハン・ジェソク、ハン・ジェア、ビョン・ヒボン、チェ・ソングク、ナルシャらが集まった。
ドラマで魂が入れ替わる夫婦を熱演するシン・ヒョンジュンとキム・ジョンウンはそれぞれリアルなおばさんと小憎たらしい夫のキャラクターを上手く表現していた。初め台本を読むだけだったが、みんながお腹を抱えるほど笑わせ、最強の呼吸を見せた。特に2人はドラマの主人公を任されただけに、休憩時間にも制作陣とキャラクターに対する議論をし、休みなくアイデアを出すなど熱意をみせてくれたとの裏話だ。
『ウララ夫婦』の制作会社側は「コメディードラマは何よりもチームワークが重要だ。3カ月の長い間を共に過ごす俳優たちの初顔合わせがいい雰囲気なので、上手く行く感じがする」と期待を見せた。「今から俳優たちが競ってアイデアを出しながら楽しんでいる。皆さんが役柄にとても忠実に臨んでくれていて期待が大きい。とても面白く、愉快なドラマになると思う。がっかりさせない自信がある。期待して下さい」と話した。
『ウララ夫婦』は奇想天外な状況で家族の意味を考えさせる家族コメディードラマとして『製パン王キム・タック』のイ・ジョンソプPDが演出を引き受けた。9月初旬に撮影に入る予定で、『海雲台(ヘウンデ)の恋人たち(原題)』の後続として10月8日初放送される。

写真=コンテンツK提供

©enews24 2012年 08月 29日 14:43