[芸能] T-ARA脱退のファヨン、ウンジョンのドラマ降板に心境を告白

T-ARA(ティアラ)を脱退したファヨンが、ウンジョンのドラマ降板に関連して複雑な心境を告白した。
ファヨンは28日午後、ツイッターに「今回、ウンジョンさんのドラマ降板の記事を読み、ただ悲しいばかりです」と口を開いた。
ファヨンは「T-ARAの活動をしながらメンバー間の意見の違いで対立することがあったのは確かですが、いじめ説をめぐって状況が悪化した事実に心が痛みました。また、互いに歪曲された事実によって傷つき、多くのことをついて腹立たしく思いました」とし、「しかし、同じ釜の飯を食べて過ごして幸せだった日もあるので、過ぎ去ったことは忘れ、これからは再び笑顔でお互いを応援して過ごしたいです」と話した。続いて「T-ARAをたくさん愛してくれ、大切にしてくれ、私たちの元に来てくれたのに、今回の事件のせいで皆さんに多くのご心配をおかけして申し訳ありませんでした」と淡々とコメントを締めくくった。
ファヨンはこのコメントは、先月31日にファンに謝意を伝えた後、約1カ月ぶりに残したものだ。
これに先立ち、SBS(ソウル放送)の週末ドラマ『五本指』の制作陣は、公式報道資料を通じて「さまざまな事情について、長時間、論議を重ねた結果、ウンジョンの降板を決定した」と明かしていた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 08月 28日 18:31