[ドラマ] 『第3病院』オ・ジホ 猛暑も忘れて台本練習に没頭 

俳優キム・スンウ、オ・ジホ、キム・ミンジョンの『第3病院(原題)』撮影現場の避暑法を公開した。
ケーブルチャンネルtvN『第3病院』は、100%事前制作ドラマとして4月にクランクインし、現在は全ての撮影を終えた状態だ。しかし18年ぶりの猛暑が襲った7月、8月『第3病院』撮影現場は、追い込み撮影の熱気に更に熱く盛り上がったという話だ。
tvNを通じて公開された写真の中で、3人の主人公は自分なりの方法で撮影現場の熱気を冷ます姿を披露し、人目を引いている。まずキム・スンウは、カリスマ溢れる天才神経外科専門のキム・ドゥヒョンらしく、ネクタイまで締めたまま、厳格な表情で大きな団扇で汗を冷ましている。
一方、自由奔放で温かいカリスマを持つ天才韓医師キム・スンヒョン役のオ・ジホは、半そでのTシャツ姿で休憩時間にも、手から台本を離さず暑さを忘れている。また、キム・ミンジョンは元気はつらつの2年目レジデント、ジン・ヘイン役の姿そのままで、携帯扇風機で暑さを和らげて、明るい笑顔で疲れた撮影現場に活気を与えている。
『第3病院』制作関係者は「全ての撮影日程を終えた『第3病院』は、現在作品の完成度を高めるために、後半の作業が盛んに行われている」「特にアイリスシリーズで有名な国内最高の制作会社テウォンエンターテインメントが制作を引き受け、更に完成度の高い上質ドラマの誕生を期待していただいてもいいです」とコメントした。
一方、『第3病院』は洋韓方協診病院内の神経外科を背景に、天才神経外科専門医キム・ドゥヒョン(キム・スンウ)と天才韓医師キム・スンヒョン(オ・ジホ)が、仕事と愛において繰り広げる運命的な対決を描いた。主演にキム・スンウ、オ・ジホ、キム・ミンジョン、パク・グニョンら演技派俳優たちと、初のドラマ主演に挑戦するチェ・スヨンらが出演を確定させ、関心を呼んでいる。9月5日放送。

写真提供=tvN

©enews24 2012年 08月 27日 18:21