[芸能] イ・ミンホ 蝋人形制作しマダム・タッソー上海博物館に展示

俳優のイ・ミンホの蝋人形を制作される。
イ・ミンホの所属事務所の関係者は24日、「マダム・タッソー上海博物館にイ・ミンホの蝋人形が展示される。イ・ミンホの為に最近イギリスと中国のマダム・タッソー博物館の全ての制作陣が韓国を訪れ、イ・ミンホの身体サイズを測り、衣装コンセプトとポーズデザインなどの実務協議を終えた」とコメントした。
イ・ミンホの蝋人形が話題を集めているのは、100年の歴史を持った「マダム・タッソー」により制作されるからだ。マダム・タッソー博物館は世界でも最高水準と伝統性を認められており、ロンドン・ニューヨーク・香港・ハリウッドなど、全世界13の支店を持っている。
特に歴史的な実存人物や有名人だけを対象にしている為、リストに選ばれる事自体が名誉あることだ。これまでエリザベス女王やオバマ大統領、マリリン・モンロー、チャーリー・チャップリン、オードリー・ヘップバーン、マイケル・ジャクソンなどが登場した。
マダム・タッソーの関係者は、「蝋人形に制作する有名人を選定する前に膨大な量の調査と研究をする。また、その人が活動領域内で能力を発揮している事以外にも、現地市場で大衆に愛され、関心を集め、尊敬されている人を選定している。イ・ミンホはアジア最高人気を誇る俳優というだけでなく、新しい韓流世代の代表としての能力を見せている」とコメントした。
また、展示場所を上海に決定した事に関し、「中国での‘イ・ミンホブーム’が理由だ。イ・ミンホの蝋人形を制作して欲しいという全世界のファンから要請が絶えなく、6ヶ月以上の制作期間と時期を考慮して展示のスタートを中国上海ですることにした」と付け加えた。
イ・ミンホは、彼が中国を訪問する度に数万名の人が集まり、イベントが中止になるなど、中国でものすごい人気を得ている。また、イ・ミンホが出演中のSBS月火ドラマ『信義(原題)』は、中国最大の動画サイトで韓国ドラマ1位となっており、前作『シティーハンター』はなんと1億4千万件のクリックを記録した。
博物館側は、このような状況から‘イ・ミンホの分身’を中国最大都市に展示することでファンサービスとしての広報効果を極大化するという方針だ。
イ・ミンホは、笑顔をキープしたまま3時間写真を撮るのに顎が外れそうになるほどだったが、冗談を言いながらむしろ制作陣に気を使っていたという。制作陣は、「イ・ミンホさんが背が高いので、他の人より材料費が高くなりそうだ」と冗談を言い、現場を和やかにしたそうだ。
イ・ミンホはSBSドラマ『信義』でチェヨン役を熱演している。

写真提供=スターウスエンターテインメント

©enews24 2012年 08月 27日 13:29