[芸能] ミン・ヒョリン 魅惑の後姿 「今回のグラビア、気に入っています」

映画『風と共に去りぬ(原題)』、『500万ドルの男(原題)』で人気の人に浮上した俳優ミン・ヒョリンが、ファッションマガジンNYLON4周年を祝うグラビアを撮影し公開した。NLYLON側は23日「映画の公開時期が重なり忙しい中でも、自分のiPadに撮りたいグラビアのアイディアを直接フォルダ別に整理して持ってくるほど、今回のグラビアに強い愛着を見せた。また撮影した写真を細かく確認するなど積極的な姿勢で撮影に臨んだ」と伝えた。
グラビアの中のミン・ヒョリンはなめらかな後姿を見せ、あんず色のワンピースを着ていた。特に肩甲骨が飛び出すような弱々しい背中のラインを見せ、人目を引いた。NYLONの関係者は「白いバラを手に持ったり、口でくわえたり色々なグラビア撮影を行ったが、花よりも美しいミン・ヒョリンがもっと際立った」と話した。
ミン・ヒョリンは「普段私に対して人工的だという単語を思い浮かべる人たちの考えを壊したかった」「ナチュラルで人工的に見えない今回のグラビアが気に入っている」と感想を話した。ミン・ヒョリンのグラビア撮影現場と、生き生きとしたインタビュー映像はNYLONホームページ(http://www.nylonmedia.co.kr)の『NYLONTV』で見ることができる。この他の写真とインタビューはNYLON9月号で確認することができる。

写真提供=NYLON

©enews24 2012年 08月 23日 18:00