[ドラマ] ソン・ジュンギ KBS2新水木ドラマ『優しい男』ティーザー公開

KBS2水木ドラマ『世界のどこにもいない優しい男(原題)(以下優しい男)』のティーザーが公開された。
『優しい男』(脚本イ・ギョンヒ、演出キム・ジンウォン)のティーザーは22日公開され、視聴者たちの関心を集中させた。ソン・ジュンギ、ムン・チェヨン、パク・シヨンはそれぞれ違う強烈な愛を予告し、ドラマへの集中度を高めた。
これまで美しい微笑みで女心を揺らしてきたソン・ジュンギは、致命的な魅力を持った悪い男に変身した。「僕がお前をどうやって生かしてきたのか…その甲斐もなく殺す?」などの台詞とともに見せる冷たい視線、冷ややかな微笑みは短い映像の中でも視線を奪った。
ソン・ジュンギは今回のドラマで愛に裏切られた後、他の女性を通じて復讐を決心した悪い男マルに変身する。純粋な笑顔の男としての登場も予告し、相反する魅力を見せてくれると期待を集めている。
グループの後継者として登場するムン・チェウォンは、感情が乾いた冷たい女ソ・ウンギとして登場する。氷のように冷たかったムン・チェウォンは、突然自分の人生に飛び込んできたマル(ソン・ジュンギ)にのめり込み始め、嵐が吹き荒れるようなラブストーリーを展開する予定だ。
パク・シヨンは公開されたティーザーで「絶対に行かなければならない道があり、手段を選ばずそこまで行ってみなければならないの」「お願いだからウンギに行かないで」「私があなたをそうさせたの? こんなに冷たくて恐ろしい人に?」というこの3つの台詞で、自分の演じるジェヒという人物の性格を表現した。野望のために愛も捨てたジェヒが再びマルの前に現れ、また違う愛を予告し関心を集めた。
ティーザーで3人の俳優が見せてくれた、個性の強いキャラクターと互いの関係の中で絡み合う激情の愛、様々な感情的場面が『優しい男』に対する期待感を高めている。
『優しい男』は愛に裏切られた1人の男が他の女を通して復讐を決心し、その男にのめり込んでいくもう一人の女のすさまじい愛を描いた伝統的なメロドラマだ。『カクシタル(原題)』の後続作として9月12日より放送される。

写真提供=ワイツリーメディア

©enews24 2012年 08月 23日 13:56