[ドラマ] T-ARAウンジョン『五本指』結局降板へ 代役は誰に?

女性グループT-ARA(ティアラ)のウンジョンが、SBS週末ドラマ『五本指(原題)』から結局降板することが決定した。
22日『五本指』関係者はenewsとの電話取材で「ウンジョンが悩んだ末にドラマから降板することになった」と明らかにした。
ウンジョンは『五本指』でピアノを愛するホン・デミ役を引き受け、チュ・ジフン、チ・チャンウクらと共演する予定だった。T-ARAメンバーファヨンのいじめ説騒動などで困惑する中でも16日のドラマ制作発表会に参加するなど毅然とした姿を見せていた。
しかし、収まらない騒ぎで負担を感じたウンジョンは、最終的に降板を決めた。ドラマ関係者は「昨夜制作陣と会議があり、悩んだ末に降板で意見がまとまった」と話した。
これにより18日の放送で始まった『五本指』は一日も早くウンジョンの代わりをする女優を決めなければならない大変な状況になった。
俳優が出演を確定させた後、制作発表会まで参加した状況で降板という初めての事態が発生した中で、どんな女優がこの役を代れるのかに関心が集まっている。
現在はKBS2『カクシタル(原題)』に出演中のジン・セヨンが有力な候補に上がっている。

写真=キム・ビョングァン記者

©enews24 2012年 08月 22日 18:22