[芸能] キム・ハヌル 「『紳士の品格』のおかげで演技者としてより一層成熟した」

俳優キム・ハヌルが一つ一つの出演作品が増える度に演技者として一歩ずつ成長するとドラマを終えた所感を明らかにした。
キム・ハヌルは去る12日、評判のうちに終了したドラマ『紳士の品格』でソ・イス役を引き受け、久しぶりにテレビに復帰した俳優チャン・ドンゴン共演し、甘く愛を育てていく姿に視聴者たちを釘付けにした。おかげで、『紳士の品格』はもちろん、この作品に出演した俳優たちも大衆の大きな愛を受けた。
しかし、始まりがあれば終わりがある。ソ・イスに扮し、時には可愛く、またある時は、哀愁漂う姿で視聴者たちを泣かせたり、笑わせたキム・ハヌルはこの作品を見送らなければならない。ドラマが幕を閉じた後、enewsとのインタビューを設けたキム・ハヌルは、「いつも仕事をした後に感じる感情はあったのに、今回もやはりひとつ成長した」と話し始めた。
キム・ハヌルは「過去に『オンエア』出演時、オ・スンアを​​演じながらも多くのことを学んだ。一人の人物を演技してみるととても学ぶことも多くて、自分でも良いところをたくさん探そうとする」とし、「ソ・イスを演じながらも、また違った魅力を発見し、演技者として得るものある」と述べた。
引き続き、彼女は「どのようなキャラクターを演じても作品が完成すると、成熟している」と付け加えた。それだけお互いに違うキャラクターを消化するためには、多くの練習と努力が必要であり、これにより俳優として成長できるという説明だ。
キム・ハヌルは「幸いにも今までロマンチックコメディーに出演した時、良い反応があった。ただキャラクターに合わせて自然になされた努力の結果だと思う」 「思ったよりロマンチックコメディーの演技が難しかったが、何度も自分を入れ替えて演技した。良く見てくれてありがとうございます」と話した。
『紳士の品格』最終回とともに数ヶ月のスケジュールを終えたキム・ハヌルは、しばらく休息を取って、充電期間を持つ予定だ。映画『ブラインド』『きみはペット』などに続き、『紳士の品格』まで休むことなく歩みを続けてきたからだ。
写真=ホ・ジョンミン記者

©enews24 2012年 08月 17日 18:30