[芸能] ミン・ヒョリン 化粧品ブランドのモデルに抜てき!…“美の女神”に

女優のミン・ヒョリンが化粧品モデルに選ばれ、アジア全域にその美しさを伝える。
ミン・ヒョリンはグローバルコスメティックブランド「Tony Moly」の専属モデルに選ばれ、今後1年間、韓国やアジア全域をカバーするブランドの“顔”として活動する。
Tony Molyのマーケティングチーム長は「純粋さと都市的な魅力をすべて備えている女優のミン・ヒョリンのイメージがTony Molyのブランドコンセプトと適合し、専属モデルに選ぶことになった」とし、「今後、ミン・ヒョリンは韓国やアジア全域をカバーする美の女神として活動する予定だ」と明かした。ミン・ヒョリンの姿は9月初旬からTony Molyのアジア全店舗で見ることができる。
一方、ミン・ヒョリンは最近ヒロインとして出演している映画『風と共に去りぬ』が劇場街のダークホースに浮上しており、公開8日目で220万人を突破した。忙しいスケジュールの中でも広告撮影やインタビュー、次回作選びなど慌しい日々を送っている。 

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 08月 17日 18:27