[K-POP] PSY『SUPER STAR K 4』で号泣…「最高の感動を経験した」

『GANGNAM STYLE』で新風を吹き込んでいるPSYは、審査員席で号泣した。
17日午後11時に初放送を控えているオーディション番組Mnet『SUPER STAR K 4』で、今年から審査員に合流したPSYが号泣し、嗚咽する姿が公開され話題を集めている。
公開された写真は、PSYが『SUPER STAR K 4』予選中に、参加者の歌を聞き、拍手して、抑えきれない涙を両手で拭う姿がみられた。 『寸鉄殺人(鋭く短所などを指摘する意)』ユン・ジョンシンの後に続いて審査員に合流したPSYは、以前いくつかのインタビューで、 『毒舌家』になると予告したにも関わらず、涙を流す姿にさらに関心が集まった。
『SUPER STAR K 4』の制作陣は「PSYが予選進行中、参加者の歌を聞いて、大きな感動を受けた」として「すすり泣きしていたがついに、ぼろぼろと泣いて、たくさんの涙をこぼした」と伝えた。予選が終了後PSYは「音楽活動をしながら、最高の感動を経験した」とし「これまで視聴者の立場で感動的な出演者たちをたくさん見たが、このような感動を現場で直接感じられるので、『SUPER STAR K 4』に参加することができて本当に良かったと思う」と感想を明らかにした。
一方、PSYはコミカルで愉快なイメージとは全く異なる冷徹な分析で説得力のある毒舌家としての面々を誇示する見込みだ。『SUPER STAR K 4』の制作陣は「音楽の専門家の洞察力に冷徹な判断をする審査委員PSYの新しい姿を見ることができるだろう」と言いながら、「世界的な歌手として立っているPSYの鋭い指摘をする審査を期待してほしい」と述べた。
『SUPER STAR K 4』号に最初に乗船したPSYの活躍ぶりは、17日午後11時Mnet『SUPER STAR K 4』の初放送で確認することができる。

写真= CJ E&M提供

©enews24 2012年 08月 17日 15:29