[映画] ソン・ジュンギ、パク・ボヨン主演『オオカミ少年』がトロント国際映画祭へ

ソン・ジュンギ、パク・ボヨン主演の映画『オオカミ少年』が、第37回トロント国際映画祭に公式招待された。
『オオカミ少年』は、体温46度で血液型判定不可、世界にいてはならない危険な存在"オオカミ少年"と世界に対して心を閉ざした寂しい"少女"の運命的なラブストーリーを描いた作品で、トロント国際映画祭コンテンポラリーワールドシネマセクションに公式招待され、初上映される。
チョ・ソンヒ監督と主演俳優のソン・ジュンギ、パク・ボヨンは映画祭に参席し、記者会見及び公式上映舞台挨拶をする予定だ。
9月6日から16日まで開かれるトロント国際映画祭は、カンヌ、ベルリン、ベニスと共に世界4大映画祭として有名だ。今年はホ・ジンホ監督の『危険な関係』とペ・ドゥナのハリウッド進出作である『Cloud Atlas』を始め、チョ・ソンヒ監督の初商業映画デビュー作である『オオカミ少年』が公式招待され、非常に注目を浴びている。
チョ・ソンヒ監督は2008年の映画『兄妹の家』でミジャンセン短編映画祭大賞とカンヌ国際映画祭シネフォンダシヨンで3位を受賞した。韓国映画アカデミー卒業作品『獣の終わり』でバンクーバー国際映画祭龍虎賞部門、ロッテルダム国際映画祭の非コンペティション部門に進出し、実力を認められた。
映画『オオカミ少年』は今秋に韓国で上映予定だ。

©enews24 2012年 08月 17日 15:22