[芸能] 『K-POP STAR』17日国内予選…シーズン2が本格的にスタート

SBS『サバイバルオーディション K-POP STAR シーズン2』(以下K-POP STAR 2)が国内予選をスタートした。
『K-POP STAR 2』の本格的な突入となる国内予選オーディションが17日午前10時から3日間にわたって蚕室(チャムシル)室内体育館にて開かれた。
『K-POP STAR 2』の国内オーディションはシーズン1に比べ、志願者数が5倍となった。制作陣はより効率的に審査する為にシーズン1よりもオーディションブースを10個以上増やすなど、多様な方法で実力派の参加者を選抜する計画だ。
この日のオーディション会場には『K-POP STAR』シーズン1の参加者達がシーズン2の国内予選のお祝いの為に応援に駆けつける予定で、より関心を集めている。
国内予選の第1日目である17日には『K-POP STAR』シーズン1で抜擢され、現在YG所属の歌手になった『スポルス』のメンバーイ・ハイ、イ・ミシェル、イ・ジョンミ、イ・スンジュとイ・スンフンが応援に駆けつける。
18日には、JYP所属歌手となったパク・ジミンとスターシップエンターテインメントと契約をしたキム・ナユンが訪れる。
制作陣は、「ついに国内予選が始まり、『K-POP STAR 2』の本格的な出発となった。シーズン1より志願者数が多いので、より才能ある志願者が登場すると予想される」「SM、YG、JYPの3社の新人開発チーム及び専門家軍団が審査委員として参加し、“第2のパク・ジミン、イ・ハイ”を発掘する為に努力する事になる。どんな志願者が出てくるのか、我々も期待している」とコメントした。
『K-POP STAR 2』は国内予選を終えた後、9月には隠れた人材を探す為に世界5都市(ニューヨーク、L.A、ロンドン、オーストラリア、バンクーバ)にてグローバルオーディションを開く予定だ。

写真提供=SBS

©enews24 2012年 08月 17日 15:19