[K-POP] CNBLUE『a-nation』熱狂の舞台をプレゼント

男性グループCNBLUEが日本で開かれたa-nationミュージックウィークの舞台に上がり、熱狂のフィナーレを飾った。
去る3日に始まったa-nationは、12日まで開催され、最終日はロックアーティストを中心とした『ロックネーション』の舞台に飾られた。メインステージは、東京国立代々木競技場第一体育館に用意され、この日は、CNBLUEをはじめ土屋アンナ、sads、VAMPSの4アーティストが出演し、観客たちを熱狂させた。
日本でのCNBLUEの高い人気を反映するように4人のメンバー、ジョン・ヨンファ、イ・ジョンヒョン、カン・ミンヒョク、イ・ジョンシンが登場すると、会場は歓声に包まれ、熱く盛り上がった。日本の観客たちはCNBLUEの歌を一緒に合唱するなど、熱狂的な反応を見せた。
これにCNBLUEは、「こんな素敵な公演を私達が一緒にできて本当に嬉しいですし、感謝しています」と感謝の言葉を述べた。
『a-nation』は、日本最高のトップアーティストたちが総出動する日本の夏の超大型音楽祭でVAMPSのボーカル、ギターを担当しているHYDE(ハイド)がCNBLUEと最終日に共演しようという意思を直接伝えてきたことが分かった。
一方、10日間大盛況のうちに開催された『a-nation』には、m-flo、the GazettE、AKB48など、ジャンルを超えたアーティストたちが魅力的なステージを披露しただけでなく、音楽を中心にファッション、フード、アミューズメントなどを融合させた『music week』を披露して大衆の大きな支持を受けた。

写真提供= FNCエンターテインメント

©enews24 2012年 08月 16日 15:14