[K-POP] KARA 有名美術家によって「アートポスター」再誕生

KARA(カラ)の5人が有名画家の手で「アートポスター」として生まれ変わった。
韓国内で有名画家ウォン・ジョンシンとパク・キイルがKARAをモデルにしたアートポスターを製作するプロジェクトを進行中だ。
作品は現在、完成仕上げ作業にかかっていて今年12月、展示会で公開される。限定生産される今回の作品は美術愛好家らやKARAのファンを対象に販売する。写実主義絵画作家であるウォン・ジョンシンは写真と絵画技法が共存するミックスメディア表現方式でKARAを描き出す。続いてパク・キイルは自分だけの独特の写実主義的技法でフィギュアでKARAを表現する予定。このように人気画家が韓国内のアイドルグループをモデルにアートポスターコンテンツを製作するのは非常に異例なこと、代表的な韓流スターであるKARAが国内の多様な分野で関心と人気を受けていることを証明するようになる。
今回のプロジェクトは若くて有能な韓国内美術作家らと代表的な韓流スターがコラボする美術が難しく堅苦しくなく、容易に楽しむことができる一つの文化ということを認識させるための契機として進められた。画家は自然に大衆文化コンテンツと調和を作り出し、大衆は自身が好むスターがモデルとして使われた美術作品を直接所蔵して国内美術産業の発展につなげるという意も含まれている。
KARAは「有名画家の手で生まれ変わる私たちがどんな姿なのか非常に楽しみ」と言って「おもしろい作業になるだろう」と期待に膨らんだ。
KARAは22日、ミニアルバム5集『パンドラ』を発売し、ショーケースを開催する。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 08月 16日 13:48