[映画] 『風と共に去りぬ』イ・チェヨンとソン・ジュンギも出演? ポスターにもいないのに主役級?

イ・チェヨンとソン・ジュンギが映画『風と共に去りぬ』のダークホースとして、ものすごい存在感を発揮し、観客たちの度肝を抜いた。『風と共に去りぬ』は公開6日間で155万余りの観客を集め、興行成功を収めている時代劇コメディーだ。当初チャ・テヒョン、オ・ジホ、ミン・ヒョリンなど3人が主人公として知らされ、各種舞台挨拶と宣伝用の番組出演などを行ってきたが、映画を観た人たちは「イ・チェヨンも主人公だったね」「ソン・ジュンギが一番印象的だ」など、イ・チェヨンとソン・ジュンギを話題にしている。
劇中イ・チェヨンはチャ・テヒョン、オ・ジホらと共に氷を盗む作戦を遂行する『情報の達人』ソルファ役を演じた。彼女は別監の座を無念にも追われ、復讐に燃えるオ・ジホとラブラインを作る。オ・ジホにとりわけ尽くす妓生ソルファの姿は小さな笑いを提供し、セクシーな8頭身の美貌は時代劇映画で存分に輝いていた。カヤグムを弾きながら情報を聞きだすシーンが圧巻だ。ほとんどこの映画の女主人公だと言ってもいいほど、大きいウェートを占める。しかしポスターにもイ・チェヨンの姿はなく、広報活動にも参加していないので観客たちは彼女が出演していることすら知らなかった。映画の中でイ・チェヨンの活躍を見てむしろ「主演クラスのウェートなのにどうしてポスターにいないのか?」と疑問と惜しむ気持ちを表すほどだった。
ソン・ジュンギは映画の最後を飾るすごいカメオだ。映画中盤に投入された人物と関係し、後でどんでん返しを見せるキャラクターを演じた。すでにドラマ『成均館スキャンダル』、『根の深い木』などで印象深い時代劇の演技を見せていて、今回『風と共に去りぬ』でも十分にカリスマ溢れる姿を披露してくれた。たった1分間の出演だが、映画全体を一つにする恐ろしいほどの存在感を発揮した。イ・チェヨンとソン・ジュンギの活躍に『風と共に去りぬ』は新鮮な突風を巻き起こし、劇場街に波乱を起こすだろう。

©enews24 2012年 08月 15日 13:27