[K-POP] ZE:A『Phoenix』の韓日バージョンを公開

グループのZE:A(ゼア)がシングル『Phoenix』で再び歌謡界トップに挑戦する。
ZE:Aは過去7週間、セカンドアルバムのタイトル曲『後遺症』で旺盛な活動を行ってきた。休息を取ったあとの27日に『Phoenix』の韓国・日本の2バージョンを引っさげて活動を再開する。新しいシングルには『Phoenix』のほかにも『後遺症』のR&Bバージョン、昨年発表した『Heart For 2』を再解釈した『いろいろする』など5曲が収録される。
所属事務所のスター天国の関係者は「『後遺症』の活動当時、叙情的な歌詞にドラマチックなステージを演出して成熟した感性表現に注力してきたが、『Phoenix』ではボーイズグループの象徴ともいえる強烈でパワフルな群舞を披露する。永遠を象徴する不死鳥のように、最後まであきらめずトップを目指して羽ばたいていこうとするZE:Aの強い願いをこめた」と伝えた。また「日本でリリースされる『Phoenix』は韓国バージョンとはコンセプトが全く違う。各国のファン層と市場の好みを考慮してジャケットイメージや収録曲などに違いを出した」と明かした。ZE:Aは『Phoenix』リリース前の24日に日本でプロモーションを行う。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 08月 14日 14:21