[芸能] キム・ミニ、イ・ビョンホンの下を離れコン・ヒョジンの事務所へ

女優のキム・ミニがイ・ビョンホンの下を離れ、親友のコン・ヒョジンと同じ事務所に移籍することになった。
キム・ミニはイ・ビョンホンやハン・チェヨンなどが所属するBHエンターテインメントを出てチョン・ドヨンやコン・ヒョジンが所属するマネージメント・スプに新天地を築く。キム・ミニは今年上半期に韓国映画界最高の女優として絶えずラブコールを受けている。最近、映画『火車』を通じ、報道機関と評壇、観客すべてから「キム・ミニの再発見」という熱い好評と賛辞を引き出した。
マネージメント・スプのキム・ヨンジュ室長は「いまやキム・ミニは名実ともに韓国映画をリードしていく代表女優だ。今後多様な作品を通じキム・ミニならでは個性あるカラーを見せられるよう惜しまない支援とともに最善を尽くしたい」と明らかにした。
これでマネージメント・スプはコン・ユ、コン・ヒョジン、リュ・スンボム、チョン・ドヨン、チョン・イルからキム・ミニまで映画とテレビを行き来する実力派俳優が集まった。韓国トップクラスの俳優が多く集まった最高の演技者専門会社として生まれ変わることになった。
キム・ミニは1999年にKBS(韓国放送公社)の青少年ドラマ『学校2』でデビューし、スタイリッシュなファッションと個性のある顔立ちで独特の雰囲気を作り出し芸能界を代表するファッショニスタに位置づけられる。今年初めに『火車』で演技力まで認められ再発見された。 

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 08月 14日 14:14