[ドラマ] 『信義』イ・ミンホ 初回放送を前に感想「ファンのおかげで走れる」

俳優イ・ミンホがファンたちに対する無限の愛情を伝えた。
イ・ミンホは13日午後9時55分初放送の、SBS月火ドラマ『信義』の放映を前に、所属事務所を通じて感想を述べた。イ・ミンホは「この3ヶ月間撮影に最善を尽くしたので、もう『神意』を待つだけ」と悲壮な覚悟を決めた。
つづけてイ・ミンホは「韓国人は食の力で頑張るというが、私はファンの力で走る」と話し、ファンたちに対して感謝の気持ちを見せた。「これまで私を力づけ、守って来たのはファンたちです」と説明した。
イ・ミンホに対するファンたちの『無限の愛』は広く知られているのは事実だ。9日『信義』制作発表には、17ヵ国のファンたちが送った15トンの米花輪が会場を埋め尽くし、ドラマホームページにはイ・ミンホへの応援メッセージが殺到した。
また、1,000名の中国ファンたちは、ドラマ成功を祈願して8万4,000元(約1,500万ウォン)をユニセフ国際児童基金に寄付をした。私生活を脅かすファンたちに疲弊している他のスターたちとは違い、イ・ミンホのファンたちは無言の励ましで援護射撃を見せてくれている。
このような背景にはイ・ミンホのファンを愛する気持ちが大きく作用していると言われる。普段からTwitterやフェイスブック、ウェイボーなど各種SNSを通じて1,200万名のネットユーザーと絶えず交流する中で国内で芸能人、運動選手、企業人を合わせて1位にあたる記録を持つ。
これについてイ・ミンホの所属事務所関係者は「普段SNSを通じて自身の近況を知らせ、ファンたちの様子を尋ねたり、率直な交流をしてきた結果だと考える」と背景を説明した。
一方、イ・ミンホはこの日午後に放送される『信義』でただ正面突破を叫ぶ高麗武士、チェヨン役を引き受け天真爛漫な姿からカリスマ溢れる姿まで様々な両極の魅力を披露する予定だ。

写真=ホ・ジョンミン記者

©enews24 2012年 08月 13日 13:58