[ドラマ] ①JYJキム・ジェジュン「『Dr.JIN』真っ白な状態からスタート…6キロやせた」

11日に放送が終了したMBC(文化放送)の『タイムスリップDr.JIN』は、JYJのキム・ジェジュン(26)にとって3本目のドラマだ。しかし時代劇の演技が初挑戦だった彼は新人俳優がデビュー作に臨む気持ちで撮影に向かった。それほどプレッシャーが重く、答えを出していくべき宿題も多かった。『Dr.JIN』は日本の同名の漫画を原作としたドラマだったが、キム・ジェジュンが演じたキム・ギョンタクというキャラクターは今回新しく登場した人物で、“参考書”すらなかった状態だった。キム・ジェジュンは台詞のトーンから発声、表情をどのように設定したらよいか悩み続け、その結果、キム・ギョンタク役を完全に演じきることに成功した。キム・ジェジュンは「どれほど心配したり悩んだりして撮影したのかわからないが、ドラマが終わったあと、体重が6キロも落ちていた。ダイエットが自然にできたドラマだった」と話した。 
― 初めて時代劇に挑戦した感想は。 
「ドラマは以前も経験があるが、時代劇は初めてで新人俳優と違わなかった。私の頭の中も真っ白な状態だった。いろいろと大変なことも多かった。声がハスキーでキャラクターの台詞のトーンを体得していくことからして難しかった。初めてはハスキートーンをとにかく無くそうとしたが、そのとき先輩のイ・ボムスさんが『声も声だが、まなざしの演技に集中したらどうだ』と助言をしてくれて、それが大きな助けになった」 
― 髷のせいで苦労が多かったそうだが。 
「髷を結うのは思った以上に大変だった。髷をきつく結んでこそ、ちゃんとしたシーンが撮れるが、そのせいで眉毛を動かす演技が難しいのでいろいろと大変だった。髷のせいで思わぬ表情が出たときもあった」

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 08月 10日 18:36