[ドラマ] 『男装美少女』ソルリ VS 『花美男 使徒』イ・ジュンギ 15日新水木ドラマスタート

美男美女スターを前面に押し出した新水木ドラマが、2012ロンドンオリンピックの熱気を継続していく。
2012ロンドンオリンピック中継に編成が押された新ドラマが、オリンピックが終わる翌週に一斉出撃を控えている。その中でも15日、芸能界代表美男美女を主人公に据えたドラマ2本が、揃って視聴者にお目見えする予定で人目を引いている。SBS『花ざかりの君たちへ』とMBC『アラン使徒伝』がその主人公だ。
SBS『花ざかりの君たちへ』は漫画原作の学園物で、f(x)のソルリとSHINeeのMINHOが主演を引き受けた。特に可愛らしいルックスでおじさんファンたちの心を早くから盗んだソルリは、今回はドラマで男装美少女の新しい魅力をアピールする。憧れの高跳び金メダリスト、カン・テジュン(MINHO)に会うために、男に変装して男子体育高校に偽装転校するク・ジェヒ(ソルリ)のドタバタストーリーが繰り広げられる。
15日放送される第1話からは男子校で孤軍奮闘するソルリのドタバタ生存記が本格的に描かれる。8日、ドラマ制作会社が公開したスチール写真には、男子学生の姿で仕方なく男子トイレに行くことになったソルリが、Mighty Mouse(マイティーマウス)のサンチュと宿命の1対1トイレの決闘に直面する姿が収められ、好奇心を増幅させている。実際は女子高生のソルリは『男装美少年』役を引き受け、撮影現場のあちこちで恥ずかしさを隠せないでるとの裏話だ。
一方、MBC『アラン使徒伝』はイ・ジュンギが先頭に立つ。『アラン伝説』をモチーフに、花美男使徒と無茶苦茶な幽霊アランの愛と葛藤を描くこの作品で、イ・ジュンギはシン・ミナと共演する。このドラマで2年ぶりにお茶の間にカムバックするイ・ジュンギの覚悟は、格別にならざるを得ない。イ・ジュンギは猛暑にも関わらず、アクション演技の練習に休憩時間を返上するなど熱く燃えている。
顔は花男子だが荒っぽい性格のウノ役を引き受けた彼は、ドラマのキャラクターとは違い、撮影現場ではムードメーカーになっている。8日公開された撮影現場写真で彼は『大ヒット』と書かれた紙を手にして、ドラマの成功を祈ったかと思えば、ちょっとの待機時間でも可愛く悪戯っぽい姿を見せてくれ、ドラマへの好感度を高めている。
写真=SM C&C、MBC提供

©enews24 2012年 08月 08日 18:27