[ドラマ] 『メイクイーン』キム・ジェウォン『視聴率15%は責任持ちます』

MBC新週末ドラマ『メイクイーン(原題)』主演を受けたキム・ジェウォンが、ドラマ視聴率に対し強い自信を見せた。
6日午後、京義道一山(キョンギドイルサン)MBCドリームセンター、ドラマスタジオで行われた『メイクイーン』ヒット祈願にキム・ジェウォン、イ・ドクファ、ヤン・ミギョン、イ・フン、キム・ユジョン、パク・ジビンらの出演陣と、パク・ホミンPD、ソン・ヨンモク作家ら全制作陣たちが参加し、ドラマの成功と撮影の無事を祈願した。
司会を任されたイ・フンが「視聴率60%を目標に多くの人たちに愛されるよう祈願します」と告祀を開始した。
劇中カン・サン役を演じるキム・ジェウォンは「MBCドラマと僕は相性がいい。MBCドラマをしていて15%より下がったことがない。最低15%は責任を負います」と自信たっぷりに抱負を述べた。
俳優代表のイ・ドクファは「告祀するたびにヒット、ヒットと祈願するが、本当の成功はヒットではなく、マイレージだ。32話まで放送事故がなければいいし、一生懸命やるだけだ」と話した。
『メイクイーン』は広大な海で夢見る若者たちの物語で、造船業が発展した時代に生まれた若者たちが、親世代の恨みと闇を洗い流し、新しい時代の海洋に進出する過程から野望と愛、裏切りと復讐、没落と成功を叙事的に扱ったドラマだ。
『タイムスリップDr.JIN』の後続として放送される『メイクイーン』は、6月から蔚山(ウルサン)で子役時代の撮影を行っており、子役スターキム・ユジョン、パク・ジビン、パク・コンテらがキャスティングされた。8月18日初回放送だ。

写真提供=MBC

©enews24 2012年 08月 07日 18:40