[K-POP] BoAからEXOまで 『SMTOWN LIVE WORLD TOUR III』日本公演

『SMTOWN LIVE』3回目のワールドツアーが米国、台湾に続き、日本でも大盛況でSMのグローバルブランドパワーを再度証明した。
4日、5日の両日東京ドームで開かれた『SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO』コンサートには、カンタ、BoA、東方神起、天上智喜 ダナ&サンデー、SUPER JUNIOR、SUPER JUNIOR-M、少女時代、SHINeeら、世界で活躍中のSM所属アーティストたちが全員参加し、素敵なパフォーマンスと完成度の高いステージで、総数10万名あまりの観客を熱狂させた。
特に今回のコンサートを見るために、なんと60万名のチケット購入応募が集まるなど、コンサート前から熾烈なチケット争奪戦が繰り広げられていたことが伝えられ、さらに話題になった。2回公演全席売切れで、10万名の観客を動員した『SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO』に対し、日本のファンたちの熱い関心を確認できた。
今回の東京ドームコンサートは各グループのヒット曲パレードを始め、普段見ることのなかった収録曲、天上智喜 ダナ&サンデー、SUPER JUNIOR-M、SUPER JUNIOR ドンヘ&ウニョク、少女時代-テティソなどのユニットステージ、SMTOWN LIVEのハイライトである特別合同ステージまで、全52曲の多様なレパートリーで構成され、観客たちを魅了するには十分だった。
また、日本公演で初めて披露したSUPER JUNIOR リョウク、ウニョクとEXO-Mチェンの甘いバラードステージ『Everything』はもちろん、少女時代-テティソとEXO D.O.、チャンヨル、ルハン、セフンが完璧に呼吸を合わせた『DJ Got Us Fallin' In Love』、東方神起チャンミンとSUPER JUNIORのキュヒョンの魅力的な歌声が引き立った『Just the way you are』など『SMTOWN LIVE』でだけで見られる多彩なコラボレーションステージでコンサートの面白さと感動を倍増させた。
日本の観客たちはコンサートの間中、各グループを象徴する色とりどりのペンライトとメンバーの名前を書いたボードを振りながら、歌に合わせて歌い、歌の韓国語応援まで完璧に再現するなど、情熱的な応援で会場の雰囲気を熱く盛り上げた。
一方、『SMTOWN LIVE WORLD TOUR III』は18日ソウル蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場に熱い熱気をつなげる予定だ。

写真提供=SMエンターテイメント

©enews24 2012年 08月 06日 18:38