[K-POP] 少女時代「やっと5歳。50歳になるまで…」

「やっと5歳。50歳になるまで…。」デビュー5周年を迎えたガールズグループの少女時代がファンに感謝の気持ちを伝えた。
少女時代は5日、SMタウン公式ホームページに「デビューしてからもう5年が過ぎた。幸せです。ありがとうございます。」とコメントを残した。
メンバーのスヨンは、「2007年8月5日を覚えてますか? 心配半分、ワクワク半分でステージに上がりましたが、あの日皆さんに会えて、心配がなくなりワクワクだけで5年が過ぎました。」と付け加えた。また、「5年も過ぎたのにお会いする度にワクワクするのはどうしたらいいの?」とファンに愛嬌を振りまいた。
スヨンは、「大きな事故もなく、元気にやってきてくれたメンバー、応援してくれた家族や友達、全世界が注目してくれるように共に走ってくれたSMタウンのスタッフの皆、私達だけを信じてくれて頼りがいのある「ソウォン(ファンクラブ)」のみんな! 今日は胸がいっぱいです。本当にありがとうございます。」と感謝した。
また、「お返しをするにはもっと努力していいステージをお見せするしかないですよね?」、「多くの人がお祝いしてくれてすごく嬉しい。少女時代はやっと5歳。50歳になるまで少女時代は永遠に君と夢を見たい。」と付け加えた。
リーダーのテヨンとティファニーもファンに感謝の気持ちを表した。
テヨンは、「少女時代の5回目の誕生日を共にしてくれた「ソウォン」、本当にありがとう。「ソウォン」のみんなが私達を応援してくれるからもっと頑張ります。」と約束した。ティファニーは、「変わらずに応援してくれる「ソウォン」がいてくれるから、この次はどんな事を一緒に叶えられるのか、すごく期待できる。愛しています。」とコメントした。
少女時代のファンクラブの会員は、多様なイベントを準備し、彼女達のデビュー5周年を祝った。
少女時代のファンクラブサイトは、9人のメンバーを象徴する999万9999ウォンのお金を集め、ワールドシェアが進行中の食水改善事業井戸掘りプロジェクトに寄付した。寄付金はカンボジアのある村に少女時代のメンバー9人それぞれの名前で「愛の井戸」を寄付する時に使われる。少女時代ファンは、日刊紙にお祝い広告を掲載したりもした。

©enews24 2012年 08月 06日 13:59