[芸能] 「SUPER STAR K 4」の応募者数、前シーズンを遥かに上回る!

オーディション番組Mnet「SUPER STAR K 4」の総応募者数が公式集計で208万3千447人と発表された。これは昨年の応募者数196万7千267人を上回る結果だ。

「SUPER STAR K 4」は3月8に応募を開始し、61日目の5月7日に100万人を突破、70日目の5月16日に150人を超えた。そして6月21日、オーディション番組で初めて応募者数が200万人を突破した。
昨年に続き今年も大勢の応募者が参加した「SUPER STAR K4」の背景には、ホ・ガク、ジョン・パク、ULALA SESSION、Busker Buskerが今年の上半期に新曲をリリースし人気となっている事が大きく影響している。「スターが多く輩出された番組」がつまり「一番競争力のあるオーディション番組」という証明になっているのだ。
参加方法を多様にして応募しやすくさせたのも多くの応募者を募らせた要因の一つだろう。昨年まではARSとUCCを通じてのみ応募が可能だったが、今年からはカカオトークとカラオケでも応募できるようになった。
予選地域を拡大したのもその要因の一つ。今まで行われていた国内8地域とアメリカLA/ニューヨーク以外にも、オーディション番組で初めてオーストラリアのシドニーでも海外予選を行い、陸軍と協議し、全国の軍部隊を回りながら予選を行った。
Mnetは、「素晴らしい参加者がどのくらい出てくるかでオーディション番組の成敗が決まるとしたら、208万人を超える参加者の規模はSUPER STAR K 4が成功できる1次的な基盤を作った。」、「SUPER STAR K 4は全国民が1年に一度皆で楽しむ音楽の祝祭として少しずつ進化している。」とコメントした。また、「SUPER STAR K 4に応募してくれた208万3千446人の一人一人に心から感謝している。」と付け加えた。
SUPER STAR K 4の演出をしているキム・テウンPDは、「SUPER STAR Kは、応募者達の夢に一番近いオーディションと評価されてきた。」、「幅広い応募者の規模を基盤として、今年も世界を驚かせるスターを発掘する。」と自信を持ってコメントした。
「SUPER STAR K 4」は、国内8地域での予選、アメリカのLAとニューヨークでの予選、オーストラリアのシドニーでの予選、陸軍現役将兵予選を全て終え、8月17日(金)夜11時に待望の放送がスタートする。初放送を目の前にした8月15日(水)には、チャムシルにある室内体育館にて歴代のSUPER STAR K優勝者とTOP10達が集まりスペシャル公演「SUPER STAR K開幕式」が開かれる。

©enews24 2012年 08月 06日 13:42