[ドラマ] 「パンダさんとハリネズミ」ドンヘ、パク・グニョンの前では愛嬌満点

チャンネルAの週末ミニシリーズ「パンダさんとハリネズミ」(脚本ハン・ジュニョン、演出イ・ミンチョル)に主演のSUPER JUNIORドンヘが、「演技の神」パク・グニョンと共演した。
ドラマ「パンダさんとハリネズミ」では、天才パティシエのコ・スンジ(ドンヘ)が、自分の面倒を見てくれる製菓店の社長で、「おじいちゃん」と慕っているパク・ビョンム(パク・グニョン)と実の孫と祖父以上に仲の良い姿を見せてくれる予定だ。
ドラマの中では、尖っていて荒い性格のコ・スンジ(ドンヘ)だが、自分にいつも小言を言う'おじいちゃん'のビョンムには「アイラブユー」と言ったり、愛嬌満点の可愛い孫に変身する。実際の撮影現場でもドンヘは70歳を過ぎても演技に情熱を傾けているベテラン俳優のパク・グニョンを手本とし、自分の出番がなくてもパク・グニョンの演技を見て学び、一生懸命演技しているという。
「パンダさんとハリネズミ」の現場関係者は、「年の差だけでなく、俳優としても大先輩のパク・グニョンもいつも一生懸命なドンヘの姿に愛情溢れる助言をしており、二人とも実際のキャラクターに完璧になりきっている。」と述べた。
ドラマ「パンダさんとハリネズミ」は8月18日午後7時30分、チャンネルAで初放送される。

©enews24 2012年 08月 03日 17:44