[K-POP] PSY『GANGNAM STYLE』が海外を強打…CNNも集中報道

歌手PSY(サイ)の新曲『GANGNAM STYLE』が米国CNNに報道されて話題だ。 
今月2日、CNNはPSYの『GANGNAM STYLE』のプロモーションビデオを紹介しながら「韓国のラッパーのPSYの新曲で、中毒性が強くまるでウイルスのように広がっている」と伝えた。また「ビルボードK-POPホット100チャートで1位を占め、YouTube(ユーチューブ)を通じて1000万件以上の照会数を記録している」と説明した。続いて「アジアを越えて米国でも高い関心が注がれている」と付け加えた。
実際、『GANGNAM STYLE』のプロモーションビデオは海外でもシンドロームに近い人気を得ている。YouTubeでは2日午後を基準に1029万9969件の照会数があった。PSYがこれまでYouTubeの公式チャンネルを通じて紹介したコンテンツのうち、1000万件を越える記録を出したのはこの『GANGNAM STYLE』のプロモーションビデオが初めてだ。
最近、ビルボードK-POPホット100チャートで1位を占めたのに続き、ラッパーのT-ペインや歌手のジョシュ・グローバン、俳優のロビン・ウィリアムズが自分たちのSNSを通じて『GANGNAM STYLE』のプロモーションビデオを紹介するなどシンドロームのような人気ぶりを見せている。このうちロビン・ウィリアムズはブログの中でこの曲を紹介しながら「笑わずにはいられない」とし、T-ペインも「驚くべきプロモーションビデオだ」と好評している。
一方、現在『GANGNAM STYLE』は先月15日に音源を発表してからこれまで各音源チャートで1位を席巻している。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 08月 03日 17:41