[映画] 『泥棒たち』公開8日目で400万人! オリンピック期間中にも平日に50万人

映画『泥棒たち』が公開8日目で400万人観客動員に成功し、興行大成功の熱気が続いている。
映画振興委員会映画館入場券総合ネットワーク集計結果によると、『泥棒たち』は1日、1日で50万6,683人を動員し、累積観客数が436万5,090人でボックスオフィス1位を占めた。
7月25日公開された『泥棒たち』はわずか8日目でこのような強い興行突風を起こしている。
8日目で400万人観客数を突破したのは『グエムル-漢江の怪物-』『トランスフォーマー3』とタイ記録で、今年最高の興行スピードだ。公開11日目に400万人を突破した『アバター』『TSUNAMI-ツナミ-(海雲台)』『ダークナイトライジング』より3日も早い記録だ。特にこの数字は同じ期間405万1,378人を記録した『グエムル-漢江の怪物-』、404万6,425人を動員した『トランスフォーマー3』の成績を約30万人以上上回る数字だ。
『泥棒たち』はすでに韓国映画史上最高のオープニングスコア新記録に続き、歴代最高の週末ボックスオフィス新記録、韓国映画史上最短期間300万人突破まで、各記録を塗り替えた。また2週連続前売り1位も占めた。公開2週目に入ったが、映画は50万人の平日観客を動員している。特にロンドンオリンピック期間中にもかかわらず、数字が全く減らない様子を見せている。
『泥棒たち』はマカオのカジノに隠されている稀代のダイアモンド『太陽の涙』を盗むために、韓国と中国10人の泥棒たちが繰り広げる、犯罪アクション映画で、俳優キム・ユンシク、キム・ヘス、チョン・ジヒョン、イ・ジョンジェ、オ・ダルス、キム・スヒョンら、超豪華キャスティングだ。
一方『ダークナイトライジング』は1日、1日で15万8,107人を動員し、累積観客数474万8,999人で2位、『アイスエイジ4』が3位に続いている。

©enews24 2012年 08月 02日 19:25