[芸能] “飲酒事故”2PMニックン 被害者と円満に合意

飲酒運転で交通事故を起こしたグループの2PM(ツーピーエム)のニックンが被害者と円満に合意した。
所属事務所のJYPエンターテインメントによると、ニックンは先月31日に被害者であるバイク運転手と最終合意をし、警察の追加調査が行われる場合には誠実に臨むとの立場だ。ニックンは4日に予定されていたコンサート「JYP NATION」を初めとするすべてのスケジュールから外れた。
ニックンは先月24日午前2時30分ごろ、江南鶴洞(カンナム・ハクドン)交差点の付近で酒を飲んで乗用車を運転していた際にバイクとぶつかった。この日ニックンは、会社の所属のアーティストとともに公演の練習を終えたあと会食の席でビール2杯ほどを飲み、飲酒測定の結果アルコール濃度0.056%で免許停止処分を受けた。 
事故から2日後の先月26日、ニックンはツイッターに「私を愛してくれ、支持してくれた人々を裏切りました。私自身、もっと成長して再びこのような過ちを犯さないように自分の行動と自分自身について改めて考える時間が必要だと感じました。本当に恥ずかしく落ち込みました。本当に申し訳ありません」とするコメントで謝罪していた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 08月 02日 19:15