[K-POP] 『T-ARA事務所 VS ファンだけ知っている』ファンたちの憶測が後を絶たず

『T-ARA事務所 VS ファンだけ知っている』
ガールズグループT-ARA(ティアラ)から脱退したファヨンが、31日夜、Twitterを通じて、新たに心境を明かしたのを巡り、ネットユーザーたちが再び言い争っている。
ファヨンは31日夜、Twitterに「ファンのみなさん、これまで応援して下さったのに、失望させてしまい申し訳ありません」「もうこれで終わりにして、これからもっと成熟し、発展した姿を期待して下さい」とメッセージを残した。これに加え、自分を脱退させた所属事務所に対しても「コアコンテンツメディアの皆さんにも申し訳ありませんでしたと伝えたいです。もっと成長した姿でご挨拶します」と、謝罪の気持ちを伝えた。
しかし前日、所属事務所の専属契約解除発表以後、ファヨンが直接上げた「真実のない事実」という文とは全く感じが変わってしまった文章に、ネットユーザーの疑惑は一晩中大きくなっていった。1日早朝、あるネットユーザーが『ティジンヨ(T-ARAに真実を要求する)』カフェに、道を歩く2人の女性の後ろ姿の写真を掲載し、「ファヨンが事務所に連れて行かれ、Twitterに文章を上げさせられた」と主張すると、とうとう1日、ポータルサイトリアルタイム検索語には『T-ARA事務所』が上位圏をしめた。
また、他のネットユーザーはファヨンが上げた文をキャプチャーし、「ファヨンの文章を縦に読むと『ファンだけ知っている』というメッセージが見える」と言い、また新たな疑惑を提議した。これを巡り、ネットユーザーたちは「ファンたちへのシークレットメッセージか?」「本当なら鳥肌が立つ」などの反応を見せている。

©enews24 2012年 08月 01日 12:12