[芸能] 大宇証券 T-ARA事態でウンジョンをモデルにした広告を回収

ガールズグループのT-ARA(ティアラ)の内輪もめと暴露戦が持続する中、ウンジョンをモデルに起用している大宇(デウ)証券が現在使用中のウンジョンの広告イメージを差し替えることにした。
ウンジョンは大宇証券と9月末まで単発性の広告モデル契約を結んでいた。予定されたテレビCMはすべて放送されており、現在のところ追加放送分はない。ただ、大宇証券側は営業店などに一部残っているウンジョンをモデルにしたイメージ広告物などについて、別のイメージと差し替える予定だ。契約期間は9月末で変更はないが、今ある撮影イメージは回収する作業だ。
大宇証券側は「T-ARAについて良くない話があり、広告イメージを差し替えることになった」と明らかにした。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 07月 31日 18:06