[K-POP] ファヨンVSキム・グァンス 真実ゲーム、暴露合戦…ファンの気持ちは…

『ファヨンいじめ説』の爆風がファヨンとT-ARA(ティアラ)双方に致命的な真実ゲームに発展する勢いだ。ファヨンとT-ARAの所属事務所、コアコンテンツメディアは30日、インターネットを通じて、お互いピンポンのように非難の矛先を行ったり来たりさせながら、終わりのない道を歩くことになった。
発端は『ファヨンいじめ説』の責任が誰にあるのかだ。ネットユーザーたちはこれまでT-ARAの活動する姿を見ながら「ファヨンが集団いじめにあっているようだ」の証拠になる映像をひっきりなしに上げていた。挙句の果てに25日、26日の日本での単独コンサートでファヨンは、ステージで松葉づえをついたまま1曲だけ歌ってステージを降りたと、意味深長な文をTwitterに上げた。ボラム、ジヨン、ウンジョンらもTwitterに『意思が人を作る』と微妙な文を掲載して意見をやりとりし、これに対しファヨンは『時には意思だけで辛くなることもある』と苦しい胸の内を打ち明けた。
多くの記者たちが日本に同行取材に行った状況ででも、メンバーたちは内心では不和のためにギスギスしていたのだ。帰国後ファヨンはT-ARAメンバーたちと音楽番組には出演せず、30日、所属事務所コアコンテンツメディア キム・グァンス代表は『重大発表』を宣言し、「ファヨンはチームから脱退させる」と報道資料を配布した。爆風が吹いたのはそのあとからだ。ファヨンがキム・グァンス代表の資料に対し、「真実のない事実」だという意味の文をTwitterに残し、これに対しコアコンテンツメディア側は「ファヨンの突出した行動が数十回を超える」と暴露した。ファヨンが突然生放送をキャンセルしたかと思えば、マネージャーやスタッフたちに暴言を吐き、トップスターぶって、違和感を作り出したという。
しかし、ファンたちはキム・グァンス代表と、T-ARA所属事務所の行動に対し、「がっかりだ」「失望した」との立場を見せ、「こういった状況を生みだした他のメンバーたちはいいのか?」と、いくつかの証拠資料を、ひっきりなしに上げている。結局ファヨンとT-ARA、そしてキム・グァンス代表の真実ゲーム暴露戦、やりとりがファンたちに傷だけを与えるということだ。
現在ファヨンは双子の姉であるヒョヨンが、コアコンテンツメディアに所属しており、キム・グァンス代表と縁を切るに切れない状況だ。今後、ファヨンとヒョヨンがどんな反応を見せるのか、成り行きが注目される中、ファンたちは「これ以上誹謗中傷の暴露戦がない事を願う」「第2のナム・ギュリが出ないよう、お互い理解し合い、円満に解決してほしい」などと願っている。

©enews24 2012年 07月 31日 14:09