[芸能] パク・シネ 少女のイメージから女性に変身

女優のパク・シネが少女の姿から変身した。
パク・シネは30日午後、自身のツイッターに「ヨングパパがくれた『12月23日』チーム服。初めて撮影するイェスンも着たそうだ~ありがとうございますパパ」というツイートとともに写真を公開した。
パク・シネは黄色い半そでのTシャツを着てかわいらしい表情を浮かべている。長い髪を片方の肩に下げて親指を立てるなど多様な表情とポーズを取った。少女だと思っていたイメージを破りいつのまにか女性の香りがただよう。
パク・シネが話す「ヨングパパ」は映画『12月23日』で俳優リュ・スンリョンのこと。リュ・スンリョンは娘(パク・シネ)しかわからない少し足りないヨング役を務め180度異なる変身をする。 
『12月23日』は精神遅滞がある父親と娘の話で笑いと涙を描いたしっかりとしたシナリオが際立って見える作品だ。この冬公開予定だ。

写真=本人のツイッター

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 07月 31日 14:01