[K-POP] (1)13年目「中堅歌手」BoA…力抜いて旋律を生かした歌

歌手BoA(ボア・26)が第7集アルバム『オンリーワン(Only One)』で戻ってきた。13才だった2000年『ID:PEACE B』で大衆の前に出たBoAはいつのまにかデビュー13年目の中堅歌手になった。第7集は流れた時間だけにしっかり積もったBoAの音楽的主観、好みがよく表れたアルバムだ。24日に会ったBoAは「今までしてきた音楽の中で一番したかったジャンルを実現したアルバム」と語った。
アルバムと同名のタイトル曲『オンリーワン』はBoAの自作曲だ。彼女の自作曲がタイトル曲になったのは初めてだ。強烈な化粧と衣装、強いビットで好き嫌いが分かれた第6集『ハリケーン ビーナス』(2010)に比べてビットも遅く、感性的な面が引き立っている。歌詞をダンスで表現するいわゆる「リリカル(Lyrical)ヒップホップ」ジャンルで、高難度の振りつけを結合させた。
--ビットを強調した最近アイドル音楽のトレンドと反対だ。
「今までエレクトロニックジャンルをたくさんしてちょっと飽きた。これからは声が前に出てくる歌を歌いたかった。ビートが速い歌は動くには良いが、時間が流れても誰でも(もう一度)聞きたい歌はやはりメロディと歌詞を重視した音楽という気がした」

写真=SMエンターテインメント提供

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2012年 07月 27日 14:20